2013年05月01日

こゝろ改版 夏目漱石 角川文庫 (取扱店:楽天ブックス)

【送料無料】こゝろ改版 [ 夏目漱石 ]

【送料無料】こゝろ改版 [ 夏目漱石 ]
価格:340円(税込、送料込)




■青空文庫から『こころ』を一部抜粋
 二人はまた奥の方へ進んだ。しかしそこにも人影は見えなかった。躑躅(つつじ)が燃えるように咲き乱れていた。先生はそのうちで樺色(かばいろ)の丈(たけ)の高いのを指して、「これは霧島(きりしま)でしょう」といった。
 芍薬(しゃくやく)も十坪(とつぼ)あまり一面に植え付けられていたが、まだ季節が来ないので花を着けているのは一本もなかった。この芍薬畠(ばたけ)の傍(そば)にある古びた縁台のようなものの上に先生は大の字なりに寝た。私はその余った端(はじ)の方に腰をおろして烟草(タバコ)を吹かした。先生は蒼(あお)い透(す)き徹(とお)るような空を見ていた。私は私を包む若葉の色に心を奪われていた。その若葉の色をよくよく眺(なが)めると、一々違っていた。同じ楓(かえで)の樹(き)でも同じ色を枝に着けているものは一つもなかった。細い杉苗の頂(いただき)に投げ被(かぶ)せてあった先生の帽子が風に吹かれて落ちた。


■『こころ』などの著作権が切れている作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。


タグ:夏目漱石
posted by 657575 at 02:51| 小説 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。